Farming fishery栽培漁業

Fishing industryつくり育てて獲る漁業

栽培漁業は、つくり育てて獲る漁業とも言い、水産動物の減耗が
一番激しい卵から稚仔期を丁寧に育成し、適切な放流を行うことで、自然の生産力を利用しながら、
禁漁区や禁漁時期等を設けるなどし、水産資源を持続的に活用していくことを言います。
当協会は、中間育成放流事業として、
ヒラメ、トラフグ、マダイ、クルマエビ、キジハタ、マコガレイ、ガザミ、アカアマダイ、クロアワビ種苗を放流し、
水産資源の維持増大に寄与しています。

Interrearing release plan中間育成放流計画

中間育成とは、放流する水産動物が自分でエサを取り、
外敵から身を守ることができる大きさまで育てることをいいます。

ヒラメ

ヒラメ

カレイ類に比べて口が大きく、鋭[するど]い歯を持っています。眼のある側は褐色[かっしょく]で、暗褐色と白色の円い斑点[はんてん]が全面に散在します。盛漁期は春で、旬[しゅん]は冬。

ヒラメの情報を見る
学名 Paralichthys olivaceus
分類 ヒラメ科
地方名 おおくち・ひだりぐち(山口、大分)、おーぐち(兵庫、広島)、ほんがれい(和歌山、広島)、かわ(大分)、
おおぐちがれい(岡山)、かれい・おおがれい(愛媛)、小:こぐち(兵庫、岡山、徳島)、大:おおぐち(徳島)
生息域 浅海域[せんかいいき]の砂泥[さでい]底に生息し、夜間に小魚やエビ類を食べます。
生態 産卵[さんらん]期は3~6月。雌[めす]は1年で体長17cm、3年で35cmになりますが、雄[おす]は成長が遅く、それぞれ13cm、30cm。最大体長は雌が80cm、雄が50cm。2~4年で成熟[せいじゅく]します。
漁法 底引き網[あみ]、刺網[さしあみ]、延縄[はえなわ]などで漁獲[ぎょかく]されます。
食べ方・料理法 高級魚で刺身[さしみ]、寿司[すし]だね、唐揚[からあ]げにして食べると美味しいです。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.70、著:瀬戸内海水産開発協議会

当施設での飼育の様子

  • 受け入れたばかりの稚魚

  • 餌[えさ] やりの様子

トラフグ

トラフグ

背面[はいめん]は黒く、胸鰭[むなびれ]近くに白く縁[ふち]どられた大きな黒い円紋[えんもん]があり、側面にも黒い円紋または雲状紋があります。臀鰭[しりびれ]が白く、他の鰭は黒いです。主に9~5月に漁獲[ぎょかく]され、12~2月の寒中が旬[しゅん]です。フグ料理の超[ちょう]高級素材として高価で、養殖[ようしょく]も盛[さか]んに行われています。

トラフグの情報を見る
学名 Takifugu rubripes
分類 フグ科
地方名 もんつき・ごす(岡山、広島)、まふぐ(兵庫、広島、山口、大分)、もんぶく(岡山、愛媛、大分)、おおもん・なごやふぐ(岡山)、てつ(兵庫、岡山、香川)、大:おおふぐ(兵庫、岡山、広島、香川)
生態 全長75cmに達します。エビ・カニ類、魚類を食べます。親魚は外海から瀬戸内海[せとないかい]に入り、4月下旬~5月に備讃瀬戸[びさんせと]、布刈瀬戸[めかりせと]、関門内海などの流れが速く小石の多い海底に産卵[さんらん]します。
卵巣[らんそう]、肝臓[かんぞう]などの内臓[ないぞう]には弱~強毒がありますが、肉と皮、精巣は無害で非常に美味しいです。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.80、著:瀬戸内海水産開発協議会

当施設での飼育の様子

  • 放流の様子

クルマエビ

クルマエビ

成体は体長15cmほどですが、雌[めす]の大きいものは30cmを超[こ]えます。
細長い円筒[えんとう]形で、脚[あし]は太く短いです。淡褐色[たんかっしょく]で黒い縞[しま]があります。
江戸[えど]前の天ぷらや寿司[すし]に欠かせない食材で寿司としては茹[ゆ]でたものを使うことが多かったですが、最近は活きたものを出すことも多いです。

クルマエビの情報を見る
学名 Marsupenaeus japonicus
分類 クルマエビ科
地方名 サイマキエビ(小振りのもの) 
マダラエビ (模様から)
ホンエビ
アエビ
生息域 北海道南部から韓国[かんこく]、台湾[たいわん]、中国、オーストラリア北部、フィジー、東南アジア、地中海東部
生態 寿命[じゅみょう]は1年~2年半。生殖[せいしょく](交尾[こうび])行為[こうい]は一生のうち一度だけで産卵[さんらん]期は8月から10月。
産卵期は6月~8月で卵は一度脚[あし]で抱えずそのまま放卵[ほうらん]します。
孵化[ふか]したものがノウプリウス期、ゾエア期、ミシス期ともにプランクトン生活を送り、稚エビとなります。
水深15メートルから25メートルの内湾[わん]の砂泥[さでい]地に棲息[せいそく]。昼間は砂[すな]に潜[もぐ]り、夜に活動します。夜行性です。
漁法 エビこぎ網[あみ](底曳網[そこびきあみ])、打瀬網[うたせあみ](底曳網)、板曳網、刺網[さしあみ])、クルマエビつぼ網(定置網)
食べ方・料理法 生食(刺身)・天ぷら・ゆで・塩焼き

当施設での飼育の様子

  • 放流前のクルマエビ種苗

マダイ

マダイ

全長40~100cmですが、多く流通するのは30~70cm前後のものです。体は側扁[そくへん]した楕[だ]円形で、顎[あご]が前方にわずかに突[つ]き出ています。
上顎に4本、下顎に6本の鋭[するど]い犬歯があり、その奥[おく]に上下2列の臼歯[きゅうし]があります。胸びれが細長く、全長の半分近くに達します。体色は褐色[かっしょく]を帯びた光沢[こうたく]のある薄紅[うすべに]色で腹部は淡いです。美しい青色の小斑[はん]点があり、頭部や両目の間などに同じ色の筋[すじ]があります。
産卵[さんらん]期は3~6月頃[ころ]で、温暖[おんだん]な地域[ちいき]ほど早く瀬戸内海[せとないかい]では5月ごろがピークとされ、一尾[び]の産卵数は数十万粒[りゅう]で、卵の直径は約0.8~1.2mmです。

マダイの情報を見る
学名 Pagrus major
分類 タイ科
地方名 たい(内海一般[いっぱん])、えびすだい・かまだい・めんだい(広島)、おおだい(兵庫)、きっこり(岡山)、めっぱち(和歌山)、小:ちゃり(兵庫、徳島)、はっさく(兵庫)、ちゃりこ(和歌山、大阪)、かすご(和歌山、徳島)
生息域 暖海[だんかい]性の沿岸[えんがん]魚で、水深30~150mの岩礁[がんしょう]や砂[すな]地に生息します。
生態 春に瀬戸内海「せとないかい]に来遊し、豊予海峡[かいきょう]、愛媛県島しょ部、鹿ノ瀬[せ]などの水深30~100mの岩礁域で産卵[さんらん]します。冬に多くが外海に出て、一部が瀬戸内海で越冬[えっとう]します。エビ・カニ類、貝類、イカ類、小魚を食べます。1年で尾叉長[びさちょう]14cm、2年で20cm、3年で25cmになり、成熟[せいじゅく]します。
漁法 底引き網[あみ]、延縄[はえなわ]、釣[つ]り、吾智網[ごちあみ]で漁獲[ぎょかく]されます。
食べ方・料理法 魚の王様といわれ、料理は多彩[たさい]です。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.47、著:瀬戸内海水産開発協議会

当施設での飼育の様子

  • 放流の様子

キジハタ

キジハタ

全長40cm。やや細長く、赤みを帯びた小斑[はん]点がアズキに似ていることから別名アズキハタともいわれます。幼魚[ようぎょ]期には青や橙[だいだい]色の縦[たて]帯が見られ、この縦帯は成魚でも残りますが、青や橙色縦帯は成魚では見られません。
生まれた時にはすべて雌[めす]で、雌としての役割[やくわり]が終わると成長の途中で卵巣内に精細管が生じ、精巣に変わって雄[おす]となります。
海藻[かいそう]の多い岩礁[がんしょう]地帯に生息し、岩穴[あな]をすみかとします。
餌[えさ]を見ると一気に飲み込[こ]んで岩穴に持ち込む習性があり、穴の奥まで逃げ込まれると、引き出すのに非常に苦労することになります。甘みと旨みのある白身は刺身[さしみ]にすると美味です。

キジハタの情報を見る
学名 Epinephelus akaara
分類 ハタ科
地方名 あこ(和歌山、大阪、兵庫、徳島、香川、愛媛)、あこう(和歌山、広島、山口、香川、愛媛、大分)、あく(和歌山)、あくお(大分)、あっこ(徳島)、小:きょうもどり(和歌山)、ひょうんこ(岡山)
※キジハタというのは本来関東の地方名で、瀬戸内海[せとないかい]の地方ではアコウと呼[よ]ばれています。
生息域 ハタ科魚類では珍[めずら]しい温帯性の魚種であり、瀬戸内海全域の岩礁[がんしょう]帯に広く分布します。
生態 産卵[さんらん]期に7~8月。主に肉食性で、岩礁に棲[す]むエビ・カニ類や魚類などを食べます。全長50cm、体重2kgに達します。
食べ方・料理法 肉質は上等で美味しく、刺身[さしみ]、煮付[につ]けなどの高級食材として扱[あつか]われています。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.36、著:瀬戸内海水産開発協議会

当施設での飼育の様子

  • 受け入れたばかりの稚魚

マコガレイ

マコガレイ

体長45cm、大きいものでは50cmを超[こ]えます。有眼側の歯は殆[ほとん]どなく、上・下顎[あご]ともに0本、もしくは1本。産卵[さんらん]期は11月~2月。卵[たまご]はツノガレイ属としては珍[めずら]しく粘着[ねんちゃく]性です。
肉食性で稚魚[ちぎょ]は普通[ふつう]の魚と同じように泳ぎますが、体長4mmぐらいになると左目が寄り始め、体長1cm頃[ころ]には頭頂[とうちょう]部側に移動します。体長1.5cmほどになる頃には、垂直[すいちょく]だった体が左傾[さけい]し、扁平[へんぺい]形となって海底に着定します。餌[えさ]に対して口吻[こうふん]を伸[の]ばし、吸[す]い込[こ]むようにして捕食[ほしょく]します。旬[しゅん]は初夏。海底から湧水[ゆうすい]があるところで育ったカレイは絶品とされます。
身質は高たんぱく・低脂肪[しぼう]で消化吸収[きゅうしゅう]が良いです。加熱すると身が柔[やわ]らかくなる特徴[とくちょう]を持つことから、病院食などでもよく利用されビタミンE、カルシウム、タウリンを豊富に含有[がんゆう]します。

マコガレイの情報を見る
学名 Pleuronectes yokohamae
分類 カレイ科
地方名 あまがれ・あまがれい(大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、大分)、あまて・あまてがれい(兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛、大分)、まがれい(大阪、兵庫、岡山、山口、大分)、ほそくち・くちぼそ(大分)、おたんや(岡山)、おたいやがれい(香川)
生息域 水深50m以浅の砂泥[さでい]底に生息します。瀬戸内海[せとないかい]では全域[ぜんいき]に分布します。
生態 多毛類、小型のエビ・カニ類、二枚[まい]貝の水管などを食べます。産卵[さんらん]期は1~2月が盛期[せいき]。1年で体長12cm、2~3年で17~20cmになり成熟[せいじゅく]します。雄[おす]は体長30cm、雌[めす]は45cmに達します。
漁法 底引き網[あみ]、刺縄[さしあみ]、延縄[はえなわ]などで漁獲[ぎょかく]されます。
食べ方・料理法 刺身[さしみ]、煮付[につ]けにすると美味しいです。別府湾[わん]産のものは”城下がれい”と呼[よ]ばれ、味のよいことで有名です。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.73、著:瀬戸内海水産開発協議会

アカアマダイ

アカアマダイ

最大で50cmにまで成長しピンク色~赤褐色[かっしょく]の体色をしており、頭部が丸いのが特徴[とくちょう]です。食性は肉食で底部に生息する甲殻[こうかく]類や多毛類、魚類などを捕食[ほしょく]します。
本州南部以南、済州島[チェジュとう]、東シナ海、南シナ海に生息しており、水深70~120mの岩礁[がんしょう]近くの泥[どろ]底に多く見られ普段[ふだん]は穴[あな]を掘[ほ]って身を潜[ひそ]めています。

アカアマダイの情報を見る
学名 Branchiostegus japonicus
分類 アマダイ科
地方名 くずな(広島、山口、徳島、大分)、あかこずな・こずな(愛媛)、いとより・なたぼう(大分)、くず(徳島)、あかあま(山口)
生息域 主に水深60~200mの砂泥[さでい]~砂[すな]底に巣穴[すあな]を掘[ほ]って生息し、強い縄張りを形成します。
生態 雑食性ですがエビ・カニ類を好みます。最大体長は雄[おす]が35cm、雌[めす]が30cmくらい。雌は2歳[さい](一部1歳)、雄は3歳から成熟します。産卵[さんらん]期は6~10月で、多回産卵です。産卵適水温は22℃前後。
漁法 外海では延縄[はえなわ]や釣[つ]りで漁獲[ぎょかく]されますが、瀬戸内海[せとないかい]では時々底引き網[あみ]に入る程度です。
食べ方・料理法 刺身[さしみ]、煮付[につ]け、塩焼き、味噌漬[みそづ]け、粕漬[かすづ]け、酒蒸[さかむ]し、吸[す]い物、干物[ひもの]など、調理法が多彩[たさい]で調理人好みの高級魚です。

<参考文献>瀬戸内海のさかな p.39、著:瀬戸内海水産開発協議会

当施設での飼育の様子

  • 放流前のアカアマダイ種苗

クロアワビ

クロアワビ

殻[かく]長20cm程度。殻[から]は楕円[だえん]形でやや細長いです。表面はでこぼこしており足の裏[うら]が黒っぽく、また足の周りの突起[とっき]が複雑に枝分かれしています。
アワビ4種の中でも最も浅い場所に生息し、最も足が速いです。産卵[さんらん]期は10月中旬[じゅん]~12月下旬頃。殻の上に開いている4~5個ある孔[あな]から精子や卵子が海中に放出され、体外受精します。孵化[ふか]して5~7日経つと海底を這[は]い始めます。1年で殻長3cm、3年で8cm、5年で13cm程度になります。
ワカメやコンブなどを捕食[ほしょく]し、夜行性で、日中は岩の間や砂[すな]底に潜[もぐ]っています。高級品として評価が高く、身は硬[かた]くしこしことした歯触[はざわ]りがあり、噛[か]むほどに磯[いそ]の香りのする甘[あま]みと旨[うま]みが広がります。8割[わり]以上が水分。脂肪[しぼう]はわずかです。鉄と銅、マグネシウムのほか、ビタミンB1、ビタミンKを比較[ひかく]的多く含[ふく]みます。

クロアワビの情報を見る
学名 Japanese abalone, Japanese carshell
分類 ミミガイ科
地方名 オガイ(御貝:天皇家、伊勢神宮への奉納品という意味から)
オンガイ(雄貝:御貝からの読み変わり)
せぐろ(黒い殻から)
クロガイ(黒い殻から)
生息域 日本海全域[いき]、茨城県以南から九州沿岸[えんがん]。潮間[ちょうかん]帯から水深20メートルの岩礁[がんしょう]地帯。
生態 産卵[さんらん]期は秋から冬。カジメなどの大型の海藻[かいそう]類を食べています。
クロアワビの雄雌[しゆう]は生殖腺の色(緑-雌、灰色-雄)で区別できます。
漁法 潜水漁
食べ方・料理法 生食(刺身[さしみ]、水貝)、酒蒸[む]し、ステーキ、バター焼き

光市栽培漁業センターでの飼育の様子

  • 飼育棟

  • 付着板に張り付いているクロアワビ

  • 餌まき

  • 選別作業

  • 測定室・測定中

ガザミ

ガザミ

日本から中国沿岸[えんがん]の30m以浅の砂[すな]~砂泥[さでい]域に棲[す]み、海を泳ぎ渡[わた]ることから別名ワタリガニとも呼[よ]ばれます。寿命[じゅみょう]は3年で、5~8月に浅場で100~400万粒[つぶ]の卵[たまご]を産み、卵は細い糸でメスの腹部[ふくぶ]の脚[あし]に付着し、2~3週間で孵化[ふか]します。
幼生[ようせい]は2~3週間の浮遊[ふゆう]生活の後、砂浜や河口などの浅場に着底し、ゴカイや貝、エビ、魚などを食べ、甲幅[こうふく]8cm程で沖合へ移動します。
ガザミは春から夏に急激[きゅうげき]に成長し、春に生まれたガザミは秋に甲幅13~16cmと食用サイズに達します。夏生まれの場合は、翌年[よくねん]の春に5~10cmになり、秋には20cm近くになります。ガザミは夜に砂から這[は]い出し、鋭[するど]いハサミを使ってエサを捕[と]らえ、アサリなども簡単[かんたん]に割[わ]って食べますがタコが天敵[てんてき]です。

ガザミの情報を見る
学名 Portunus trituberculatus
分類 ガザミ科
地方名 ワタリガニ
ワタリガネ
竹崎カニ(佐賀)
豊前本ガニ(北九州市ほか)
ガンツ(岡山)
ガネ(南九州)
生息域 北海道南部から九州。韓国[かんこく]、中国、台湾[たいわん]。
水深5~30メートルに多く、内湾[ないわん]を好みます。
生態 春夏は浅場で生活し、秋になると深場に移動、冬には砂[すな]に潜[もぐ]り冬眠[とうみん]します。
夜行性。昼は砂に潜って夜行性。
エサは巻貝[まきがい]、二枚[まい]貝、環形動物、甲殻[こうかく]類など。
秋(最盛[さいせい]期は10-11月)に雌[めす]の脱皮[だっぴ]を待って文尾[ぶんび]します。
漁法 刺[さ]し網[あみ]、底引き網、定置網
食べ方・料理法 ゆでがに、焼きがに、蒸[む]しがに、みそ汁[しる]、炊[た]き込[こ]みご飯

Rearing facility飼育施設

車海老飼育南池 5,200㎡

車海老飼育南池 5,200㎡

クルマエビ種苗の中間育成を行います。

陸上円形100トン水槽

陸上円形100トン水槽

ヒラメ・トラフグ・キジハタ種苗を中間育成する水槽です。
全部で6基あります。

海上小割筏4m×4m×16 小割

海上小割筏4m×4m

マダイ種苗の中間育成を行います。全部で16小割あります。

Seedling release種苗放流

キジハタ種苗の放流の様子です。

Enlightenment activities啓蒙活動

当協会の活動を知っていただくために
様々な活動を行っています。

施設見学

栽培漁業の理解を深めていただくために、小中高大学校からの見学や体験学習、または、一般市民、企業様からの見学視察等を受け入れています。実際に現場を見ていただきながら、育成種苗に触れることも可能です。ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。
(時期によっては育成種苗がいない時期があります。お目当ての育成種苗をご覧になりたい方は、HP内でご確認いただくか、お電話にてお問い合わせください。)

食育活動

魚食普及活動として生物としての車海老や、食べ物としての車海老を知っていただく活動を行っています。車海老の簡単なむき方、食べ方、栄養成分などについて、実演しながら説明します。