つくり育てる漁業の振興をめざして

外観

組織概要

光・熊毛地区の「つくり育てる漁業」の拠点施設として平成13年より中間育成、放流等の栽培漁業の推進をしながらクルマエビ養殖を行っていました。
平成26年4月1日より公益社団法人 山口県光・熊毛地区栽培漁業協会へ移行し、より公益性を重視した組織として、栽培漁業を推進し、水産資源の維持・増大・管理を図りながら収益事業のクルマエビ養殖を行っています。

中間育成事業

作業風景

中間育成とは、魚介類の仔稚魚期の弱くて死亡率の高い時期を丁寧な飼育管理をおこなうことにより、生残率を高め、大きく成長させ、抵抗力のある健全種苗に育成することです。
(公社)光・熊毛地区栽培漁業協会ではクルマエビ・ヒラメ・トラフグ・マダイ・キジハタ・アワビ・ガザミ等を放流サイズ、放流場所、放流時期等を考慮し、放流しています。

クルマエビ養殖事業

クルマエビ

クルマエビ養殖は、6月上旬に平均全長13mm、平均体重0.02gの稚エビを池入れし、約半年間の飼育管理を行い、平均全長17cm、平均体重30gまで成長させ、出荷販売を行っています。
12月の第1週を過ぎた頃からご贈答用の受付、販売を開始し、年内完売を目標にしています。
クルマエビ販売の収益は、公益目的事業(中間育成)に利用されています。

情報公開

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

その他

活きクルマエビ販売

豊穣の海、山口県瀬戸内海で育まれた新鮮クルマエビを期間・数量限定にて販売いたしております。

2017年度のクルマエビの申込受付を開始いたしました。

2017年度のクルマエビの申込受付を開始いたしました。
詳細はチラシ、注文用紙を下記よりダウンロードしてご覧ください。

※FAXでのお申込となります。お電話、メールによるお申込は受け付けておりません。

施設見学のご案内

只今準備中です。

施設概要

名称 公益社団法人 山口県光・熊毛地区栽培漁業協会
設立年月日 2014年4月1日
業務内容 公益目的事業:中間育成事業
収益事業:クルマエビ養殖事業
常勤職員 5名
代表者 会長理事 新岡 元
上関本場
所在地

〒742-1402 山口県熊毛郡上関町大字長島10番地9
連絡先
TEL:(0820)62-6030 FAX:(0820)62-6033
E-mail:kumage-chisaikyo109@earth.ocn.ne.jp
光分場
所在地

〒743-0007 山口県光市室積2丁目4-1
連絡先
TEL&FAX:(0833)78-2000

ページトップへ